生理前にシミが濃くなる理由と対策

生理前に肌の不調を感じる女性も多いでしょう。
これは女性ホルモンが体調だけでなく、肌にも大きく影響するからです。

 

排卵から生理前までに多く分泌される黄体ホルモン(プロゲステロン)は、メラノサイトを刺激し紫外線感受性を高めることがわかっています。
妊娠中やピルを飲んでいるときも同様で、妊娠初期は黄体ホルモンの量が多くなり、ピルは黄体ホルモンが含まれています。
生理前の黄体ホルモンの分泌量が多くなる時、ニキビが増えたり肌荒れを経験をしたことがある人も多いと思いますが、実はシミもできやすいことを覚えておきましょう。

 

そのため、これらの時期には特に日焼け対策を入念にし、その他のスキンケアは刺激の少ない化粧品でシンプルなお手入れでシミが濃くなるのを防ぐ必要があります。

 

また、ホルモンバランスは日々の不規則な生活やストレスでくずれてしまいます。
ホルモンバランスがくずれることで内臓機能が低下し、メラニン色素の分泌が促されたり、肌のターンオーバーが乱れてしまいメラニンがスムーズに排出されなくなってしまいます。

 

日焼け止めや美白化粧品でシミ対策をするとともに、体の内側からも環境を整えることでシミのない透明肌をつくりましょう。

 

シミが消える化粧品