日焼け直後の間違ったケアでシミが増える!?

シミが消える化粧品

毎日ちゃんとUVケアを行っているつもりでもうっかり日焼けしてしまうことや、外出時や日射しの強いとき、レジャーなどで日焼け止めの塗り直しができないときなど、日焼けしてしまうことは多くあります。

 

気づいたら赤くほてってしまっていたりヒリつき感がある時に、あわてて美白ケアをしてしまうと肌を刺激してしまい肌を傷つけてしまうことがあります。

 

日焼け直後はとにかく冷やすことが大切

日焼けしたからといって、いきなり美白パックやシミ消し化粧品を使ってはいけません。これらの化粧品は日焼けを抑えるものではなく、メラニンを排出したりメラニンを抑制したりするための成分が多く、日焼け後の肌には負担が大きく逆にダメージを与えてしまうからです。

 

日焼け後の炎症を起こしている肌はやけどと同じ状態で、肌の内部は熱がこもっています。バリア機能が弱って水分が奪われた肌からは刺激が入り込みやすく、乾燥したり肌の回復が遅れてしまいます。

 

このようなことを避けるためにも、まずは冷やすことが大切。
ビニール袋に氷水を入れてタオルに包んで冷やしたり、水で濡らしたタオルで冷やしたりして、まずは炎症を抑えましょう。
氷水を直接肌にあてることも肌への刺激になってしまうので、こすってしまったり冷やしすぎてしまわないように、タオルでくるんだりして優しく冷やします。

 

また、日焼け後の肌を冷やすことはシミを作りにくくする作用も。
紫外線を浴びると肌ストレスによりヒスタミンという神経伝達物質が放出され、そのヒスタミンが過剰なメラニン生成を促してしまうのですが、肌を冷やすことによりヒスタミンの放出を抑制することができるため、日焼け後のシミができにくくなります。

 

美白ケアはほてりが落ち着いてから

シミ対策の美白ケアは、肌のほてりや赤みが落ち着いてからにしましょう。
ほてりと赤みが落ち着いても、肌はまだ日焼け状態。この時期しばらくはシンプルなスキンケアにしたり、敏感肌用のスキンケアを使ったりして肌に刺激のないお手入れをします。
保湿もしっかりして、日焼け後に失われた肌の水分を補います。

 

肌の状態がしっかりと落ち着いて刺激を感じなくなったのを確認してから美白ケアとして美白美容液や美白パックなど集中的にケアを行います。

 

 

だれもが一度は経験のある日焼け。

子供の頃のように新陳代謝が活発で、皮がむけて落ち着いていくような状態とは違い、大人になると日焼けをすること自体が刺激になりシミの原因になってしまいます。
そのような時でもあわてて間違った美白ケアをしてしまい、肌を刺激して逆にシミを増やしてしまわないように、正しい日焼け後のケアをして早くお肌を回復させましょう。

 

シミが消える化粧品